ページ

2010年4月7日水曜日



Gateway MX6917jからVAIO E Seriesに移行するためにGatewayのデータをiSCSIドライブへ退避しました。





iSCSIターゲットはUbuntu 8.04


まずは、パッケージをインストール



$ sudo apt-get install iscsitarget



次にエクスポートする200GBのイメージを作成。



$ dd if=/dev/zero of=/work/iscsi_disk1.img bs=1G count=200



iSCSIターゲットの設定



$ sudo vi /etc/ietd.conf



Lun 0を追加



Target tshoji120.tripodworks.co.jp:iscsi.storage.disk1


   Lun 0 Path=/work/iscsi_disk1.img,Type=fileio



サービスを再起動



$ sudo /etc/init.d/iscsitarget restart









iSCSIイニシエータはWindows Vista


Vista以降は標準でiSCSIイニシエータが付いています。


[コントロールパネル]→[iSCSIイニシエータ]でプロパティを開きます。


f:id:t-shoji:20100407104903p:image


[探索]タブで、[ポータルの追加]を行います。


f:id:t-shoji:20100407104904p:image


[ターゲット]タブで、追加したターゲットに[ログオン]します。


f:id:t-shoji:20100407104905p:image


[マイコンピュータ]を右クリックし、メニューから[管理]を選択します。


f:id:t-shoji:20100407104906p:image


ディスクが新たに追加されるとMBRまたはGPTの選択画面が出ることがあります。


私はMBRを選択しておきました。


新しいディスクを任意のファイルシステムでフォーマットして利用します。





0 件のコメント:

コメントを投稿