ページ

2009年1月7日水曜日

Fedora10 compiz segfault



あけましておめでとうございます。


新年早々、またまたFedoraのyumトラップに引っかかってしまいました。



# yum update



したところ、デスクトップ効果を有効にしていたユーザのデスクトップが真っ白。


どうやらテクスチャが張られていないらしい。


デスクトップ効果を無効(compiz->metacity)にするとうまく表示されるので、


Ctrl+Alt+F5/F1でCUIとGUIを切り替えつつXにHUPを送り、設定ファイルを直接書き換えてみた。



# diff -Nurp ~olduser ~newuser > compiz.diff



たぶん、このあたりを戻すとcompizが無効になるような気がする。



diff -Nurp /home/olduser/.gconf/desktop/gnome/session/required_components/%gconf.xml /home/newuser/.gconf/desktop/gnome/session/required_components/%gconf.xml
--- /home/olduser/.gconf/desktop/gnome/session/required_components/%gconf.xml 2008-12-04 10:14:11.000000000 +0900
+++ /home/newuser/.gconf/desktop/gnome/session/required_components/%gconf.xml 2009-01-07 09:47:20.000000000 +0900
@@ -1,6 +1,6 @@
<?xml version="1.0"?>
<gconf>
- <entry name="windowmanager" mtime="1228353196" type="string">
- <stringvalue>compiz-gtk</stringvalue>
+ <entry name="windowmanager" mtime="1231289180" type="string">
+ <stringvalue>metacity</stringvalue>
</entry>
</gconf>


デスクトップの3D効果は無くなったもののとりあえず真っ白現象がなくなりました...





0 件のコメント:

コメントを投稿